過払いとは何か

皆さんは過払い金、という言葉を聞いたことがありますでしょうか?最近では法律事務所のテレビCMなども多くなっており、これらの中で聞いたことがある人もいらっしゃることでしょう。
ただ、その内容について詳しく知っている、という人はそれほど多くはないのではないでしょうか? この過払い金というのは、要するに借金の返済を「しすぎてしまっている」ということを指しています。
つまり、本来ならば10万円返却していれば良い所を12万円返済しているという場合、差額の2万円が過払い金となるわけです。
普通に考えると返す際に気づくのではないか?と思われがちですが、長期間に亘る借金の返済を行っている場合、これが分からなくなってしまうことがあります。


では、そもそも何故このような過払い金というものが発生するのでしょうか?この過払い金の問題というのは、現在では変更された法律の齟齬が是正される前に行なわれていたものです。
ポイントとなるのは、借金の際の利息の制限を行っている2つの法律「貸金業法」と「利息制限法」です。


貸金業法というのは、消費者金融などの貸金を業として行なう業者に対して規制を行なう法律で、利用者が不当な被害を被らないように調節を行なうための法律です。
利息制限法も同じ理由で、貸金業者の利息の上限を設定するという役割りがあります。


問題は、現代の貸金業法が成立する前の貸金業規制法律である「出資法」との齟齬にあります。
この先で、この問題を詳しく紹介します。


▽特集
過払い金を請求する際に無料相談が出来るサイトです > 過払い

Copyright © 2014 過払い金が発生する理由とは? All Rights Reserved.